あそこの臭いの悩み

人には相談しずらい悩みが、あそこの臭いの問題です。

 

トイレで後の人がクサイと感じてないか、密室のエレベータの中で匂ってないか、突然のHはどうしよう、

 

私もいろいろな心配と悩みがありましたが、正しい対策をし、悩みを解消することができました。

 

 

あそこが臭い原因

あそこが匂う原因は以下となります。
・汗
・乾燥
・膣内環境の悪化

 

 

あそこは通気性が悪く、いつも蒸れており、常に汗をかいています。汗自体は無臭ですが、雑菌やマンかす、残尿、おりものなどにより、複合的に融合し、強い独特なニオイを発します。

 

 

また、顔の皮膚の半分くらいしかないのが、あそこの皮膚です。そのため年齢を重ねることに、潤いやハリ成分が減少します。乾燥すると防衛作用により、皮脂や汗が逆に出てしまい、荒れた皮膚から雑菌が繁殖し臭いの一因になってしまうのです。

 

膣内には自浄機能となる善玉菌がいますが、膣内環境が乱れ、臭いの原因菌とのバランスが崩れると、雑菌が繁殖し生臭いニオイとなります。

 

 

あそこの臭い消すには

・低刺激の石鹸を選ぶ
・しっかりと保湿する
・膣内環境を整える

普通のボディーソープでは刺激が強すぎます。低刺激のデリケートゾーン専用石鹸で保湿しつつ、優しくしっかり雑菌を洗い流す必要があります。

 

また、規則正しい生活を送りホルモンバランスを整え、膣内環境を整えることを心掛けましょう。

 

当サイトでは口コミや総合サイトの情報をもとに、人気があり効果的なあそこの臭い専用ソープををランキングでご紹介します。

あそこの臭い改善|人気おすすめ石鹸ランキング

クリアネオパール

デリケートゾーンはもちろん全身のニオイに対応する製品、クリアネオパール。

 

ヒアルロン酸の3倍の潤い効果を持つ「サクラン」を含有しているところがポイントです。サクランを配合する製品は少なく、希少価値は高いものです。

 

肌の乾燥はニオイの原因になり得ますので、潤いを大切にしたクリアネオパールの効果は期待できるでしょう。

 

さらに安心して利用できるよう、パッチテストなどもパスしています。

 

 

 

価格 容量 評価
定期 2,980円
(1回のみ解約OK)
300ml あそこ,臭い

シークレットレディ ジャムウソープ

周りの人には相談しづらいのがデリケートゾーンのニオイに関する話題ですが、このような心配事をなくしてくれるのが、シークレットレディジャムウソープです。

 

肌の収れん作用もあるうえに、黒ずみをも改善し、ニオイ以外にも悩みを抱えた人には嬉しいポイントです。

 

洗い上がりには癒し効果を、配合された軽やかなバラの香りがもたらします。

 

女性の人気を高めているのが、配合された3つの香り。評判も納得のソープなのです。

 

 

 

価格 容量 評価
1,955円
(泡たてパフ付き)
100g(約1ヶ月分) あそこ,臭い

ピーチジョン

膣分泌液などが原因の不快なニオイを改善する効果をピーチジョンは持っています。

 

動物由来、鉱物油由来の成分は配合せず、さらに育つ過程で薬剤を使用せずに作られた日本原産の原料だけでできているので、陰部への使用も安心できますね。

 

肌に負担をかけずに清潔に保ち、黒ずみをもなくしてくれます。

 

多くの女性からの支持を得ているのは、効き目はもちろん、この低刺激で肌を傷めにくい点です。清潔な状態を維持しながらも、自然由来の保湿物質が洗い上がりも肌をしっとりと保ちます。

 

 

 

価格 容量 評価
定期 3,150円
(1回のみ解約OK)
100ml(約2ヶ月分) あそこ,臭い

イビサソープ

美容サロンが作り出したのが、デリケートゾーンのニオイ専用の医薬部外品イビサソープ。

 

「薬用ダブル成分」で、臭いを発生させる細菌をやっつけます。

 

含有しているビタミン5種は、コラーゲンを作り、皮膚を保湿し、さらにターンオーバーにも役立つという優れた効果を発揮します。

 

添加物は配合しておらず、皮膚が敏感な人も肌荒れなどの心配がいりません。しかも泡で出てくるタイプで、面倒な泡立ては不要、どんな人にも継続してもらいやすい作りになっています。

 

 

 

価格 容量 評価
定期初回 3,470円 140ml あそこ,臭い

アンボーテ フェミニーナウォッシュ

アンボーテフェミニーナウォッシュは、デリケートゾーンのニオイケア専用の製品。

 

欧州ではCOSMOSというオーガニック認定を受けていれば、高い信用を得ることができますが、アンボーテフェミニーナウォッシュはこの認定を受けているので利用者が安心して使用することができます。

 

ニオイ改善のために、贅沢に配合されたモイスチャー成分が皮膚の乾きを防いで保湿し、洗い上がりもしっとりとした肌触り。

 

さすがCOSMOSの認定を受けているだけあって、オーガニックの肌にやさしい成分群は、効き目を発揮しつつも低刺激。敏感肌の人も不安なく使うことができます。

 

 

 

価格 容量 評価
定期 3,980円 150ml あそこ,臭い

ロンタルハーバルジェルソープ

ロンタルハーバルジェルソープをおすすめしたいのは、ケアを誤ってしまって、気になるデリケートゾーンのニオイを悪化させてしまったという人です。

 

特長は、ニオイはもちろん、黒ずみの悩みをも解消させるパワーをもつ点です。

 

洗い上がりはスッキリさせつつも低刺激を実現するために「弱酸性」でできたこのソープは、ジェル形式で使いやすくできています。

 

ジャムウ、柿タンニン、ミョウバンが主な構成成分です。

 

 

 

価格 容量 評価
4,590円 (2本セット)
(泡たてネット付き)
156g (1本) あそこ,臭い

ジャムウハーバルソープ

ジャムウハーバルソープは、売り上げ数がその人気を物語っています。

 

脇のニオイケアや黒ずみ対策、さらにはいらなくなった角質の除去までにも対応しており、効き目はデリケートゾーンのニオイにだけではないところが特長。

 

ニオイ改善の秀でた効き目は、有名な、太古から伝わっているインドネシアの天然素材「ジャムウ」によるもので、このアイテムの名前にもなっています。このジャムウなら日本人女性にもピッタリ。なぜなら、アジア人である日本の女性に合うのは、やはりアジア原産の原料だからです。

 

安心して大事な部分を洗うのには、人間の手によって丁寧に生産されているこのジャムウハーバルソープが適しているでしょう。

 

 

 

価格 容量 評価
1,895円
(泡たてネット付き)
64g あそこ,臭い

コラージュフルフル泡石鹸

体全体に使用でき、デリケートゾーンはもちろん、脇や足などのニオイや菌をも除去してくれるのが、薬用せっけんであるコラージュフルフル泡せっけんです。

 

このせっけんの泡が、菌を抑え、ニオイの原因となるのを防ぎます。

 

さらに顔も洗えるほどの低刺激を実現しています。

 

 

 

価格 容量 評価
2,300円 300ml あそこ,臭い

愛肌ソープ

ジャムウ配合で、ニオイケアに有効な愛肌ソープ。くすんでいたり、黒ずんでいたりする肌を美肌に導くにも有効で、ニオイ以外の悩みにも効き目を発揮します。

 

肌への負担は最低限にするため、約30種類の天然素材がジャムウ以外にも配合されています。

 

熟した女性こその魅力を大事に思う人の気持ちを叶えるフローラルローズのフレグランスが、あなたを癒します。

 

 

 

価格 容量 評価
1,980円 80g あそこ,臭い

10

シェリーケア

シェリーケアは、膣分泌液からくるデリケートゾーンのニオイに効果を発揮します。

 

薬剤を使用せず育てられたハーブが主な原料なので、肌にやさしく、利用者の安心感が違います。

 

使用中の心地よい香りも、含有しているラベンダーやマンダリンオレンジからくるものです。

 

その他カミツレエキス、コンフリーエキス、カンゾウエキス、アロエベラエキスが、肌がダメージを受けるのをブロックし、肌荒れを防ぎます。さらに保湿をし、肌をしっとりと保ちます。

 

 

 

価格 容量 評価
定期初回 2,116円 50ml あそこ,臭い

膣内専用ジェル

インクリア

膣内を洗うインクリアは、多くの女性の悩みであるデリケートゾーンのニオイの改善に特化した、医師も参加して作り出した製品です。

 

アンケートで使って良かったと答えた人は88%にものぼっており、衛生面も安心の使い切り型です。

 

弱酸性である3.8から4.5のpHで保たれていれば、膣内は細菌が抑えられ、ニオイが発生しない仕組みになっているのですが、インクリアは膣内がこの数値の状態になるように働きます。

 

そして含有している乳酸がニオイ菌を抑え、膣が自ら清潔な状態を維持する力を後押しします。

 

 

 

価格 容量 評価
定期 4,800円
(1回のみ解約OK)
50ml(約1ヶ月分) あそこ,臭い

独特のニオイの原因はオリモノにある!?

何のきっかけも無しにあそこが臭う事はありません。そして、その要因は多種多様です。ここではその中の「おりもの」を主題にして解説していきます。

 

おりものは意味のある体液です

一定以上の年齢女性であれば、あそこからは常に一定の分量のおりものが出ているはずです。そして、そのせいでパンツなどが汚れたからといって、それだけで疾患を疑う人はまずいません。

 

おりものの性質を働き

おりものは、膣と子宮をメインに出てくる体液で、その性質には各々で差異があります。また、同じ人間であっても、体調次第で性質が変わる場合があります。ですから「おりものとはこういうものだ!」と、はっきりとは言いづらい面があります。

 

ただ、ご存知の通り、普通はおりものには臭いはありません。しかし、タイミングやケースによっては、チーズのような臭いがしたり、酸味のある臭いがしたりする場合があります。ともかく、繰り返しになりますが、おりものにはちゃんと意味があるという事は把握しておいてください。

 

ところで、おりものが出ているという事は、膣や子宮の新陳代謝が進行しているという証拠になります。また、おりものが出ているおかげで、雑菌が入りにくくなりますし、既に入ってしまった雑菌を排除する事も可能です。やはり、おりものは非常に大切なのです。

 

おりものの臭いが酷くなる原因

もしも、酷い悪臭を放つおりものが出たのであれば、医療機関に出向きましょう。何らかの異変の兆候かもしれません。そして大抵の場合は、臭いの「タイプ」はそのままで「規模」が増すものです。

 

実感している方もおられるかもしれませんが、このような際は、おりものの分量が増えている事が原因である場合が大半です。30代ぐらいになると、おりものの分量は一気に増加するケースが多いので、年齢層が上がるほど、おりもの関連の悪臭が酷くなる可能性が高いのです。

 

また、体調の変化とともに、おりものの分量のみならず、粘つき具合と色合いが変化するケースもあります。その事もやはり、臭いのタイプや規模の変質の要因になるので、おりものの悪臭の事を適切に把握するのは、困難だと言わざるを得ません。

 

おりものの悪臭ケア

色々な悪臭のケア手段がありますが、まずはとにかく、あそこを綺麗にしておくのが先決です。しかし、そのために洗浄効果が高すぎる石鹸を用いると、膣の自浄機能を衰えさせてしまう可能性があります。そうなれば「おりもの」と一緒に「あそこ全域」の臭いが強烈になってしまうので、気を付けましょう。

 

おりものの悪臭ケアの場合は、低刺激・弱酸性の皮膚との相性が良い石鹸を使って、あそこを綺麗にするように心がけましょう。

 

また、デート中や仕事中など、あそこを洗浄できないときは、トイレなどを使う際に、おりものシートやナプキンを頻繁に交換する事が望ましいです。そうすれば「少なくとも周囲には気付かれないレベルの臭い」に抑える事が可能です。そして、現実的にはその程度の臭いケアでも構わないはずです。ただ、おりものの臭いや色合いが疑う余地なくおかしい場合は、ためらわずに医療機関に出向く必要があります。

 

IラインとVラインをケアしてニオイをカットしよう!

あそこから悪臭がする症状の事を「すそわきが(すそが)」と言います。しかし、要因はかなり多種多様なので、すそわきがの元凶を突き止める事は非常に困難です。しかし、アンダーヘアーは要因の1つになり得ます。

 

なぜV・Iラインがあそこの悪臭の起因になるのか?

女性にとってV・Iラインのアンダーヘアーのケアはとても大切です。見栄えにも影響を与えますが、その部分が起因となる悪臭の方がより重大です。悪臭の起因のメインは、やはり陰唇について雑菌や膣の内部環境にあります。しかし、V・Iラインの状態も実は悪臭の起因になりやすいのです。

 

詳しい事をお話していきます。

 

「すそわきが」という名前の由来は「わきが」と関連しているから

脇から悪臭がする症状の事を「わきが」と言いますが、I・Vラインからの悪臭に関しては「すそわきが」と言います。「すそわきが」と「わきが」の仕組みがほぼ同様であるため、脇でもないのに「すそわきが」というネーミングが成されているという説があります。

 

具体的に言うと、両者ともアポクリン汗腺からの発汗が悪臭の起因となっています。この汗には、悪臭の起因菌が付きやすく、かなり強烈な悪臭を生じさせやすいのです。これがV・Iラインの周辺をメインとした、あそこのすそわきがの概要です。

 

「わきが」にも「すそわきが」にも共通するアポクリン汗腺の偏り

アポクリン汗腺は、V・Iライン、脇に集中している事が判明しています。ですから、これらの位置は悪臭を発しやすいのです。また、V・Iラインや脇の毛穴のすぐ近くにアポクリン汗腺が存在するという点も同じであり、両者ともに毛穴が悪臭の発生源であると言えます。ですが、双方で改善方法は異なります。それぞれ、別のトラブルとしてケアしなければなりません。具体的なケア方法を解説していきましょう。

 

すそわきがのケア方法

V・Iラインから悪臭が生じている場合、アンダーヘアーによってその悪臭がさらに酷くなっている恐れがあります。アンダーヘアーが伸びて毛同士が絡んでいると、蒸れやすくなり、それは言うまでも無く、雑菌が繁殖するきっかけとなります。ですから、アンダーヘアーのケアも悪臭改善のためには有効なのです。V・Iラインのみならず、Oライン、つまり肛門周辺の毛を処理する事も有意義です。

 

アンダーヘアーのケアを自分で行っている方もいるかもしれませんが、V・Iラインともに、繊細な部位なので、安全を最優先して処理しましょう。また、Oラインは自分では全く見えないのでなおさら気を付けましょう。

 

そして毛を「剃る」ならまだしも「脱毛」を自分で行うのは無謀なので、第三者に任せましょう。最近は、都会を中心に脱毛エステなどが増えていますので、時間と金銭を少々消費してでも、あそこの悪臭ケアとしてそのようなエステを訪ねるのも一興です。

正しく洗ってあそこの臭いを解消

あそこを適切に洗浄する事は、臭いやかゆみなどを防止するための基本中の基本です。ここでは、あそこの適切な洗い方をお伝えします。

 

基本的なあそこの洗浄方法

あそこを洗浄する前に、自らのあそこと体質の事を良く理解しましょう。そうすれば問題を回避しつつ洗浄できるはずです。あそこの性質や傾向は、各々で違っていると捉えましょう。ですが、基本的なあそこの洗浄方法ぐらいはやはり存在しますので、ここでは、その中の最たるものを挙げていきます。

 

まずは石鹸の選択が大切

あそこの洗浄は、石鹸の選択からして既に始まっています。あそこはを洗浄する折は、刺激の大きい石鹸の利用を避ける事が大切です。膣の中と同じ「弱酸性」のものを使うのが最善と言われていますが、やはり各々で差異がありますので、皮膚が弱い方は、ぬるま湯だけで洗浄するという手もあります。必ずしも石鹸を使用する必要はありません。

 

石鹸を用いるのであれば、とにかく入念に泡立てましょう。そして、その「泡で洗浄する」のです。「ビデや指で洗浄する」というイメージからは離れるべきです。手では泡立ちにくいというのであれば、泡立てネットなどを使用する事をお勧めします。

 

あそこの洗浄手順

まずはアンダーヘアーを洗う事から開始します。泡立てた泡を多めにアンダーヘアーに乗せ、念入りに洗いましょう。指の腹であそこの外部を弱く、しかし、細部までしっかり洗ってください。あそこの形状は非常に入り組んでいるので、しわの隙間に悪臭の起因菌が潜んでいるかもしれません。

 

アンダーヘアーとあそこの外部を洗い終えたら、肛門を洗って完了です。肛門を最後に回さないと、肛門に付いている菌があそこの中に侵入してしまう恐れがあります。危険ですから、必ず肛門は最後の最後に回してください。

 

膣の中はどうする?

そもそも普通、膣の中は洗いません。もしするにしても、ぬるま湯と指の腹のみで洗浄し、洗浄用品や石鹸は用いません。なぜなら膣の中は、悪玉菌と善玉菌と調和や、ペーハー値の調和が大変繊細だからです。むやみに洗うと、むしろ悪臭が悪化してしまう可能性が高いのです。多少すっきりしなくとも、ぬるま湯と腹のみで洗うようにして下さい。

 

あそこの洗浄方法・上級編

次は上級編をお伝えします。最近はあそこのケアを頑張る方がかなり増加していますので、ケアの種類自体も増えています。ですが、ここではあくまで「洗う事」を基本として、その発展的なものをお伝えしていきます。

 

局所パックが流行っています!

あそこ専用の石鹸には、局所パックが付属しているものもたくさんあります。それを使って局所パックをすると、リーズナブルかつ簡単です。局所パックは、泡であそこを包み込み、数分間待つだけでパックが可能という非常にシンプルなものもあります。これならば、未経験でも案外容易に局所パックを行るはずです。

 

黒ずみケアも並行しましょう

洗浄からは少々飛躍しますが、含有成分的に考えれば、あそこ専用の石鹸で黒ずみケアを行う事も十分可能です。ただもちろん、そのような成分が入っていないタイプの専用石鹸もあるので、黒ずみケアを行いたい方は、含有成分に注目して石鹸を選びましょう。そうすれば、あそこを洗う事と黒ずみケアを一緒に実践できます。

 

どんな手段を選ぶにせよ、石鹸での洗浄時は使い方を厳守し、副作用などの危険を避ける事を最優先しましょう。

 

デリケートの保湿が必要な理由

欧米諸国の性教育は、我が国のそれよりも大幅に進んでいるそうです。「あそこ関連」についてもそれは同様で、欧米諸国では、母子であそこの適切ケア方法が伝達されていくのが通常のようです。

 

あそこのケアを考察する

我が国の国民性を考えれば、あそこのケア方法が母子で伝達されている家庭は少ないと言えるでしょう。ですがもちろん、あそこのケアが大事なのは日本人も同じで、たくさんの女性が興味を抱いているようです。最近はクリニックやエステサロンに出向く女性が増加しており、全体的な美意識の向上が見て取れます。実際、研究が進み、最適なあそこのケア手段や陰毛の整え方がほぼ確立されているようです。

 

欧米諸国では、あそこのケア(陰毛も含む)の事を「ピュービックケア」と言います。ちなみに、通常は「ピュビケア」と略されるようです。

 

ピュビケアで大切なこと

ピュビケアでは、あそこの潤いをキープする手段、洗い方、そして黒ずみ・くすみのケア方法、陰毛の整え方などが大切な事とされています。ピュビケアが、女性の肌や毛髪のケアと同等に重視されている事が分かりますね。イタリアを代表とする欧米諸国の薬局などには、ピュビケア用品の専門コーナーがあるぐらいです。つまり我が国よりも、ピュビケアが大幅に浸透しているのです。

 

なぜあそこの保湿が大切なのか?

分泌液などである程度水分はあるわけですが、あそこの保湿は特に大事です。

 

保湿が大切なのは角質層が薄いから

顔面の角質層は10層、対してあそこの角質層は5層しかないと言われています。真皮から表皮までの「長さ」と角質の「厚み」は比例しますから、角質層の層数が少なければ少ないほど、敏感肌に該当しやすくなります。ですから大前提として、あそこは何も手を加えなくても、かなり過敏なのです。伊達に「デリケート」ゾーンと呼ばれているわけではありません。

 

40代以上の方は特に保湿が大切です!

顔の角質層は前述の通り厚く、皮脂が生成され乾きにくいという性質があります。ですが、あそこは存外乾きやすい部位だという事を意識しておいてください。パンツなどがいつも分泌液を吸ってしまっていますし、トイレに行けば、その都度トイレットペーパーで、やはり分泌液を吸い取る事になるからです。

 

40代以上ぐらいから、顔面と同じくあそこも乾きやすくなります。40代以上になったら、それまでよりもあそこの潤いキープを頑張りましょう。一例として、トイレットペーパーは、軽く押すような意識で使ってください。力を込めて拭くのはNGです。

 

そして40代以上の方(若い方もですが)は、あそこの保湿用品をぜひ使ってみて下さい。幸い、近年はそのようなアイテムがたくさん市販されています。

デリケートゾーンの保湿の方法

「乾燥」はあそこの悪臭の起因の一種です。乾燥は皮膚の保護機能を衰えさせ、雑菌の繁殖を促します。ですから潤いをキープする事が、あそこの悪臭の改善においては大切なのです。

 

なぜあそこは乾きやすいのか

分泌液があるので、むしろ水分が多そうに思えますが、あそこは間違いなく乾きやすい場所です。なぜなら「分泌液などによる水分」というのは見た目だけものであり、細胞単位では、あそこは顔面などよりも乾いている場合が大半なのです。

 

あそこの乾燥の起因には角質層の薄さがある

角質層の薄さは、あそこが乾きやすい事の起因の1つです。例えば顔面の角質層は10層ほどですが、あそこは5層ぐらいです。そして角質層が薄ければ薄いほど、保湿能力が弱いのです。ピンと来ない場合は、角質をスポンジだと考えてみて下さい。厚いスポンジの方が優秀(=水を吸いやすい)なのは言うまでもありません。

 

脱毛も乾燥の起因になり得る

最近、陰毛を脱毛する女性が目立ちます。ですが、最新鋭の脱毛器具を使用していたとしても、脱毛の際の皮膚への負荷は完全には無くなりません。皮膚への負荷は、すなわち角質層の負荷であり、やはりあそこが乾きやすくなります。

 

保湿用品を適切に用いて効果的な保湿を

「あそこの悪臭に苦しむ女性がたくさんいる=あそこが乾いている女性がたくさんいる」という構図が成り立ちます。ですから、あそこの保湿用品を使うのも良いでしょう。しかし間違った使用をすると逆効果になり、むしろ乾くので、以下の説明をご覧になって、基本を抑えて下さい。

 

あそこを洗う方法

まずは綺麗な状態をキープしましょう。保湿するのはそれからです。女性なら想像しやすいでしょうが、肌ケアと同様の考え方です。しかし、乾きやすい場所なので、ゴシゴシ洗浄したり、強酸性の石鹸やアルカリ性石鹸などを用いたりはしないようにしましょう。

 

膣の中のペーハー値にマッチした弱酸性の石鹸を使用する事が推奨されています。そして、石鹸を残存させないようにきちんと流す事も重要です。ですが、もちろん強い水流のシャワーなどで、あそこに負担をかけるのもNGです。すすぐ際は、弱い水流で指を使って軽く行いましょう。

 

そして皮膚が弱い方は、ぬるま湯だけで洗浄するというのも1つの手段です。必ずしも石鹸を用いなければならないというわけでは無いのです。

 

あそこの保湿方法

適切に洗えたら、あそこ専用の美容液をコットン等に含ませ、十全に保水しましょう。そうしましたら、クリームで黒ずみを防いでください。そして「保水」しかまだできていませんので、この後必ず「保湿」を行うようにして下さい。保湿を忘れてしまう方が存外たくさんいらっしゃるようです。

 

ちなみに、便利な保湿アイテムとしては「ワセリン」があります。ボクシング等で摩擦を軽減するために使われるものですが、あそこの保湿にもワセリンは役立ちます。そして、ワセリンは乳幼児の皮膚に用いてもOKなほど、大変安全度に優れたアイテムです。もちろん、あそこに使っても問題はなく、かなりの保湿作用を示してくれます。

 

ワセリンを用いた潤いキープは、皮膚科などで盛んですから、心配な点があれば、質問しに行きましょう。

 

生理中のデリケートゾーンのニオイを抑えるには

生理期間中は、大抵あそこの臭いが増すものです。ですが「生理期間中だから」と許容してしまう方がたくさんいます。しかし、臭いの起因を把握すれば改善は十分望めます。

 

生理期間中にあそこの臭いが増す要因

女性の象徴ともいえる生理ですが「生理の恩恵」はあまり実感できていないかもしれません。あそこの臭いが増しますし、ホルモンバランスが乱れて体調不全にもなってしまいます。では、そもそもなぜ生理期間中はあそこの臭いが増すのでしょうか?

 

「経血の臭い」なのでしょうか……?

生理とはつまり、あそこから経血が出る現象です。生理自体は制御できませんが、それであそこの臭いが増すのは、どうにかして防ぎたいものです。

 

普段と明らかに違うのは、言うまでもなく「経血が出ている」という事なのですから、「経血が悪臭の原因で、あそこ自体が臭っているわけではないのでは?」と、思うかもしれません。ですが実際のところ、経血そのものには多少の鉄の臭い(つまりほぼ普通の血の臭い)があるだけで、その他の臭いはほぼ無いのです。

 

また発汗によっても嫌な臭いが漂いますが、汗そのものも大抵はほぼ臭いがありません。汗を拠り所にして雑菌が繁殖して、初めて臭いが強くなるケースが大半なのです。そして、これとほぼ同等の減少が経血にも起きているのです。つまり、経血をエサにして雑菌が繁殖して、そのときようやく悪臭が強くなるという事ですね。

 

生理期間中のあそこの臭いケア

では、生理期間中の適切なあそこの臭いケアを紹介してまいります。

 

あそこを綺麗にしておく

生理期間中であろうが無かろうが、言うまでもなくあそこを綺麗にしておくことは重要です。そして経血が出た際は、可能な限り頻繁にナプキンをチェンジしましょう。それでも悪臭が気に掛かるのであれば、膣洗浄用品を使用するのも良いでしょう。大半のもので「ビデ洗い」ができるので、精神的にも「洗ったなあ!」という気持ちになれて、多少はリフレッシュできるはずです。

 

パンツの素材にも注意!

女性のあそこは、そのままでも大変蒸れやすい傾向にあります。そこに経血が加わり、ナプキンを身に付ける必要が出てくるのですから、生理期間中のあそこの蒸れは、非常に酷いものになります。蒸れは、体感的も精神的にも大変堪えるものです。

 

そこで、まずはパンツを改善してみるというのも1つの手です。まずは、風通しの良いものを履いてみて下さい。気持ちの面でも、身体的な面でもかなり楽になるはずです。風通しの良いものを履くと、経血の漏れ出しが心配になるかもしれませんが、ナプキンを適切に身に付けられるのであれば心配はいりません。そして、風通しの良いパンツを履けば、雑菌が繁殖しにくくなり、悪臭も少なからず軽減できます。

 

パンツの事は存外多くの方が見逃しがちですが、生理期間中の臭いケアにおいては、外す事の出来ない要素なのです。

デリケートゾーンの臭いを改善する食べ物は?

あそこの臭いは、普通、専用の石鹸などで「外」から解消するものです。しかし、今回は「中」から解消する手段を紹介します。つまり「あそこの臭いを食品で改善していく」という事が主題となります。

 

あそこの悪臭を解消する際に満たすべき事は?

あそこの悪臭を食品で改善するとは言いましても、なかなか想像が付きづらいものです。ですから、まずは具体的な食品名ではなく、食品であそこの悪臭を解消する「過程」について説明していきます。

 

まずは腸内環境を良くしましょう

あそこの悪臭を解消するには、まず「腸内環境」を良化する事が大切です。どれだけ秀でた消臭作用のある食品を摂っても、他のケアを行っても、腸内環境が悪いと、根本的な解消を目指す事はできません。裏を返せば、食品で腸内環境を安定させる事が大事なのだとも言えます。

 

あそこの悪臭を改善する栄養素や食品は?

腸内環境という言葉自体は知っていても、その詳細までは把握していないという方が大半だと思います。まず、腸内環境という単語には、大よそ2つの側面があります。1つ目は、腸内の常在菌の状況です。そして2つ目が、言葉のイメージに近い「腸内の環境」の事であり、こちらは、腸内の老廃物の排除効率の事です。

 

この2つは当然深く関わっていますが、まずは2つ目の「老廃物の排除」に重点を置きましょう。

 

腸内環境を安定させる食材は?

別に伏せてきたわけではありませんが、つまりは便秘を予防・解決すればいいのです。そのためには、きちんと食物繊維を摂りましょう。ヨーグルトや野菜を代表として、キムチ、納豆、味噌などの発酵食品には、かなり多くの食物繊維が入っており、便秘の改善に役立ちます。

 

アルカリ食材で悪臭を解消

疲れなどが原因で身体に溜まる「乳酸」は、悪臭の要因の一種です。ですから、乳酸の発生をブロックすれば、あそこの悪臭の改善が望めるのです。アルカリ食材の一例としては、海藻類や酸味の強い食材(梅干し、酢など)があります。これらは、どれも身体の中でアルカリ性を示す、俗に言う「アルカリ食材」です。

 

「臭いの改善」のためだけにこれらの食材を採るのも良いですが、乳酸を発生させる要因となる「疲れの改善」を目当てにこれらの食材を採るのも良いでしょう。アルカリ食材は、あそこの悪臭の解消にも、疲れの解消にもピッタリなのです。

 

抗酸化食材は消臭作用を持つ

「活性酸素」は色々なマイナスの働きを見せます。そしてその中の1つに「あそこの悪臭」があります。つまり、秀でた抗酸化食材を摂れば、あそこの悪臭の解消が期待できるのです。

 

ポリフェノール、βカロテン、ビタミンC、ビタミンEなどは抗酸化栄養素の代表格であり、これらの栄養素が多く入った食材を指して、抗酸化食材と呼びます。一例として、緑茶や緑黄色野菜などは、優れた抗酸化食材であると言えますね。このような抗酸化食材をどんどん食べて、あそこの悪臭を解消していきましょう。

 

すそわきがの原因を知って臭い対策を

「すそわきが」と普通の「わきが」を混同している方がたくさんいます。ですが実際は、すそわきがとは特に女性のあそこから悪臭がする症状の事を言います。ですが、わきがと同様に「汗臭さ」を通り越して「耐えがたい悪臭」の段階まで悪化した場合のみを、すそわきがと言います。

 

すそわきがの起因は?

すそわきがの仕組みは、ほぼわきがと同様です。発汗すれば誰しも脇やあそこが少なからず臭うものです。しかし、すそわきがやわきがにかかると、発汗してそこに細菌が付いて少し臭う……という規模ではない、かなり酷い臭いが生じるので大変な困りものです。

 

わきがやすそわきがの起因はアポクリン汗腺からの発汗

脇からの発汗と同様で、すそわきがの臭いがかなり酷いのは、それが「アポクリン汗腺」からの発汗だからです。毛穴の奥部にアポクリン汗腺は存在していますから、あそこや脇の近くの毛穴全部から強い臭いが発せられる事となります。また、アポクリン汗腺は乳輪の近くにも集中しており、この位置からも悪臭がする場合があります。そして、乳輪の近くの悪臭の事も「すそわきが」と言います。

 

そして、アポクリン汗腺の数量に関しては遺伝的要素が大きく、各々での差異がかなり目立ちます。そして、それが体臭のレベルの差異としても表れてきます。

 

汗を分解する工程で悪臭が作られる

汗が出ると、その成分を細菌類が分解しますが、その際に独特の悪臭が生じます。そしてアポクリン汗腺からの汗は、普通の汗腺からの汗とは成分が違っており、分解時に嫌な臭いを発する成分が多く含有されています。アポクリン汗腺からの汗のメインの成分は、脂肪、尿素、アンモニアなどです。これらが脂肪酸とミックスされる事で、嫌な臭いと変質します。ちなみに、脂肪酸は皮脂腺から発生します。

 

すそわきがの解消方法は?

すそわきがの発生原因・発生過程は以上の通りです。そして、悪臭の1番の起因はアポクリン汗腺です。また、遺伝でアポクリン汗腺の数量が決定付けられますから、「すそわきがの起因の大元は遺伝である」と言っても言い過ぎではないかもしれません。

 

しかし「遺伝に抗うため」などと言って、アポクリン汗腺を取り除くような大それた手術をする必要はありません。日々の生活を元にすそわきがを軽減していく事も、ある程度可能です。

 

食生活をチェック!

疾患の大半は「生活習慣病」に該当し、その起因は生活習慣の乱れにあります。すそわきがは、お察しの通り生活習慣病には該当しませんが、「人体の問題」なのですから、生活習慣のチェックが無意味なはずがありません。すそわきがにおいては、食生活が起因の内の1つとなっています。すそわきがもわきがも、よく肉類を食べるほどかかりやすいと言われています。

 

すそわきがの傾向は?

女性のすそわきがは、ホルモンバランスが狂った際にかかる事が多いです。一例としては性交後や生理期間中などです。これを把握する事が、すそわきがの軽減に直接通じるわけではありませんが、すそわきがの特徴を理解しておけば、ケアの際に多かれ少なかれ役立ってくれるかもしれません。

セルフチェックですそわきがを診断

脇から酷い臭いがする「わきが」であれば、他人は当然として、自身でもかなり気付きやすいものです。しかし、まんこから酷い臭いがする「すそわきが」は、存外自身では気が付きにくいものです。すそわきが心配な方は、ひとまず自己診断をしてみて下さい。

 

すそわきがの自己診断項目と評価方法

まずは、すそわきがの自己診断項目と、評価方法の要点を簡潔に紹介していきます。

 

パンツの汚れに気を付けましょう!黄色いシミをチェック!

すそわきがの起因はアポクリン汗腺からの発汗であり、通常の汗と異なり、微妙に黄色くなる場合があります。肉眼ではほぼ分かりませんが、白色のような目立つパンツなどを履いていると、黄色っぽい汗のシミがわずかに残るケースがあります。そのような場合は、すそわきがを疑った方が良いでしょう。

 

ベタ耳の方は気を付けましょう

わきがの方の多くはベタ耳(耳垢がかなり湿っている)です。そしてそれは、すそわきがにおいても該当する要素です。実は、耳の内部にもアポクリン汗腺がかなり集中しており、ベタ耳であるという事は、すなわちアポクリン汗腺からの発汗が多いという事が言えるのです。そして、完全に同様の仕組みで生じるすそわきがにも「なりやすい・既にかかっている」と言えるのです。

 

血が繋がっている人にわきがの方がいたら注意

すそわきがに関しても、わきがに関しても遺伝的要素が強いです。なぜなら、アポクリン汗腺の数量が遺伝しやすいからです。そして、すそわきがやわきがの起因の大半は、アポクリン汗腺からの発汗にあります。ですから、兄弟・姉妹・両親など近しい血縁者にわきがの方がいるならば、本人についても、わきがやすそわきがに関するリスクが高まります。

 

乳輪近辺の悪臭を無視しない!

乳輪近辺の悪臭は大抵が気のせいではないので、無視してはなりません。本解説に再三登場しているアポクリン汗腺は、実は乳輪の近くにも集中しているのです。ですから、乳輪近辺から悪臭がするのであれば、高確率ですそわきがなのです。という事は、やはりあそこの悪臭にも気を払わなくてはなりません。

 

他人に忠告された……

よほどの事が無い限り、あそこの臭いを忠告されるような事はないはずです。かなり親密な関係性であっても、異性が女性のまんこの悪臭を忠告するなどそうそうできる事ではありません。それでも忠告されたのであれば、それを重く捉え、すそわきがを大いに疑うべきです。

 

アンダーヘアーが濃いとすそわきがになりやすい

アンダーヘアーが濃いほど、汗に付く細菌が繁殖しやすくなります。そして、すそわきがの起因であるアポクリン汗腺は、毛穴の奥部に存在していますので、アンダーヘアーが濃いほど(=毛穴が多いほど)すそわきがの症状が出やすいと言えます。

 

毛穴の数量を制御する事はもちろん不可能ですが、V・I・Oのケアや脱毛をすれば、細菌の繁殖をある程度ブロックできます。

あそこのニオイが病気を教えてくれる!?

あそこの悪臭で苦しむ女性はたくさんおり、その臭いの「程度」の判断はほぼ自分でする事になります。ですが、自分以外の人間の「程度」を知る機会はまずないですから、「自分の臭いを、女性の平均的な臭いと比べる」事は不可能です。つまり非常にあやふやなものであり、疾患の兆候を見逃してしまう場合もあります。

 

デリケートゾーンが臭う要因は?

ご存知の通りデリケートゾーンが臭うからと言って、疾患であるという可能性は低いです。なぜなら、あそこは常に程良い温度と湿度にキープされており、雑菌の住処になりやすいからです。下着などで通気性が良くないですからなおさらです。では、雑菌を根こそぎ殺しておけば良いかというと、そういう事でもありません。なぜなら、あそこには善玉菌という雑菌の繁殖をブロックしてくれる菌も住んでいるからです。

 

ですから前提として、あそこが完全に無臭になる事は無いと考えておいた方が良いかもしれません。

 

臭いの変質には気を付けましょう

女性はそれなりの年齢になれば、排卵や生理のサイクルを何となく理解するはずです。生理でおりものの分量が増加して、悪臭が強くなったとしても、それで必要以上に焦るような事は、普通ないはずです。

 

ただ、油断してはいけません。おりものの色合い、粘度、悪臭のレベル、おりものが「増加した時期」おりものの悪臭が「変化した時期」などが普段と異なる場合は、少し気を付けましょう。

 

もしも何か異変あれば、医療機関で診てもらった方が良いかもしれません。

 

臭いの変質でどんな疾患か分かるの?

一番多いのは、婦人科系の疾患です。重い疾患の兆候である可能性も、なくは無いです。

 

あそこの臭いなどの変質から疑われる疾患

まずは悪臭の変質です。おりものの悪臭が一気に変質し、耐えられない程度にまで変化した際は、細菌性膣炎、子宮内膜炎、淋病などを疑いましょう。加えて、子宮頸がんというかなり恐ろしい疾患に見舞われている場合もあります。

 

おりものは普通透明ですが、明らかに黄・緑になっているのであれば、トリコモナスも疑ってください。臭いに注目するのはもちろんですが、ネバネバ度や色合いにも気を付けましょう。

 

かゆさもあるケースでは?

おりものの変質は見逃せませんが、あそこ自体の異常の恐れももちろん否定できません。例えば、強烈なかゆみがあるケースでは、カンジダ膣炎の可能性があります。最近感染者数が増えていますから、覚えておきましょう。

 

カンジタ膣炎であれば、かゆいのもそうですが、おりものもやはり、大幅に変質します。カンジタ膣炎の場合、おりものやあそこから腐敗した魚のような悪臭が漂うと見られています。そして、オリモノの色は、黄・白となる事が多いです。

 

カンジタ膣炎は、そもそもあそこの常在菌ですが、免疫力が下がるなどすると、異常に殖える場合があります。当然、免疫力が戻れば解消する場合もありますが、あそこに異変を感じるのであれば、1回は医療機関に出向きましょう。

あそこの臭いのもと|汗の改善方法は?

汗にも「タイプ」が存在します。

あそこの悪臭の要因となる要素は多種多様です。その中の大きな要因の一種に、皆さんご存知の「汗」があります。そして、汗にも実は「タイプ」が存在します。

 

タイプ1 エクリン汗腺から出てくる汗

発汗の目的の大半は、体温調整にあります。体温調整のための汗は、エクリン汗腺という汗腺から出てきます。エクリン汗腺からの汗の大部分が水であり、ほぼ臭いが無く、非常にサラサラしているため、雑菌が殖えにくく、悪臭につながりにくいという性質があります。

 

タイプ2 アポクリン汗腺から出てくる汗

アポクリン汗腺は、脇の下やあそこなど、臭いが強くなりやすい場所に集中しています。つまり、悪臭の要因の大半はアポクリン汗腺からの汗にあるのです。なにしろ、この汗は非常に臭いのです。

 

また、エクリン汗腺からのそれと異なり、ベトベト感が強く粘ついており、皮膚に付着しやすいため、雑菌の住処になりやすいという性質があります。つまり、あそこの悪臭の元凶の大半が、アポクリン汗腺からの汗にあるのです。

 

 

あそこの悪臭を解消する手段

手段は色々ありますが、どれも意外と簡単なので、可能なものから挑戦しましょう。

 

手段1 エクリン汗腺からの発汗を増加させ、アポクリン汗腺からの発汗を減少させる

発汗が盛んになる夏よりも、発汗が穏やかになる春頃の方が、臭いが強くなってしまうという方が実は結構存在します。そしてこれは気のせいではなく、明確な原因があります。

 

実は、発汗しやすい時期は、臭いのほぼ無いエクリン汗腺からの発汗の方が、臭いの強いアポクリン汗腺からのそれと比較して、飛び抜けて多くなるのです。

 

つまり、常日頃から発汗量が多い方は、少しの臭いがあっても、そこまで強い悪臭が、脇の下やあそこからは漂いにくい傾向にあるのです。

 

という事はつまり、サウナを利用する、スポーツをする、汗をかきやすくなるものを食べたり飲んだりする、といった努力をして、発汗量を増加させれば、汗の質を向上させる事ができるという事ですね。サプリで汗をかきやすくするもの良いでしょう。

 

 

手段2 あそこ用のソープやあそこ専用の美容液を使用する

上で述べたような方法で、発汗量を増やせば、あそこの悪臭に限らず、全体的な健康維持のためにもかなり役立ってくれるはずです。

 

しかし多忙な方々にとっては、サウナや運動で発汗量を増加させるための時間を確保するのはなかなか困難なものです。

 

そんな時に良いのが、あそこの臭いを改善するために作られた「デリケートソープ」や、あそこの悪臭に強い美容液など、あそこのための道具を役立てるという手段です。

 

どれほど臭いが強くても、あそこのトラブルを医療機関で相談する勇気はなかなか出ないものです。ですから、まずは美容液や石鹸に頼ってみるのも良いでしょう。