石鹸やビデを使った洗浄には注意が必要

まんこの悪臭で悩んでいる女性はたくさんいますが、その要因まで把握している方は少ないです。むしろ「石鹸で念入りに洗っている」とおっしゃる方が多いです。しかし、その行動こそが臭いを悪化させているのかもしれません。

 

「洗浄方法」や「石鹸」がまんこの悪臭の要因となる

あそこの悪臭が強い方は、何とかしようとして強力な洗浄効果を持つ石鹸で、力を込めて洗浄する傾向にあります。確かに、あそこには常に多種多様な臭いの元となる雑菌が住んでいますし、その雑菌を殺して悪臭を改善しようという発想自体は、それほど的外れとは言えません。ですが、完全に正解とも限りません。

 

デーデルライン桿菌は残しましょう!

繰り返しになりますが「雑菌の除去」を臭いケアとするのは間違いではありません。実際、多くの方が最初にその発想に行き着くと思います。そこで非常に大切になってくるのは、洗浄方法です。

 

悪臭の起因菌は膣の中の常在菌ですが、善玉菌というその起因菌の繁殖をブロックする雑菌も同時に常在菌として存在しますので、まずは理解しておきましょう。そして、その善玉菌を指して「デーデルライン桿菌」と呼びます。つまり、デーデルライン桿菌を守りつつ、洗浄してあそこを綺麗にする事が大切なのです。デーデルライン桿菌を洗浄により殺してしまうと、悪臭の起因菌が繁殖しやすくなってしまいます。

 

ビデも気を付けて用いましょう!

女性のあそこはかなり入り組んだ造りをしています。ですから、指では膣壁に付いた悪臭の起因菌をきちんと除去するのは困難です。

 

そんなときは「ビデ」が役立ちます。現に、膣洗浄用品の大半は、ビデで洗浄する事を想定して作られています。そして、ビデで洗浄する折にも、力を込め過ぎれば、やはり繊細な膣壁を傷つけてしまう可能性が高くなります。そして、その傷口から出る血液などを拠り所にして、雑菌が繁殖する恐れがあります。

 

ビデや石鹸を用いる際はとにかく「弱く」

「膣洗浄用品や、あそこ専用の石鹸なら確実に悪臭を改善できる」と考えている方はたくさんいます。しかし、膣の中の状態には各々で差異がありますから、やはり絶対ではありません。ともかく、改善を成功させるためにも「洗浄能力が高過ぎる石鹸」の使用は確実に避けましょう。ほどほどの洗浄能力を持つ、弱酸性の石鹸を用いるのが良いでしょう。デーデルライン桿菌を殺さないレベルのものを使うのが大切です。

 

そして、ビデで洗浄する折も、最大限弱い力で洗浄して下さい。仮に膣壁に傷ができても、小規模であれば気付かないケースもあります。ですが、雑菌はその傷を見逃さずに繁殖を開始します。どんな微細な傷も付けないという気概で臨みましょう。

 

そのためにも、ビデを使用する折は、指で洗浄するよりも弱く洗浄するしかありません。そもそも、皮膚が弱い場合は、ぬるま湯だけで洗浄した方が良いケースもあります。あそこの雑菌や悪臭は、実はぬるま湯だけでも問題なく除去できるのです。

関連ページ

ちょっとの工夫でアソコのニオイ対策を
あそこの臭いは洗ってもなかなか改善しません。そんなあそこの臭いを消すための方法をお伝えします。また人気と効果の高いおすすめグッズをランキングでお伝えします。
かゆみからくるアソコのニオイとその対策
あそこの臭いは洗ってもなかなか改善しません。そんなあそこの臭いを消すための方法をお伝えします。また人気と効果の高いおすすめグッズをランキングでお伝えします。