ちょっとの工夫でアソコのニオイ対策を

アソコの悪臭の起因の大半は目視できない雑菌にあります。ですから、その制御は大変困難です。ですが、制御できなければ悪臭は解消できません。

 

2つのアプローチがある

あそこの悪臭のケア方法としては、主に2つのアプローチがあります。まずは、膣の中の悪玉菌を殺して、悪臭の起因菌の繁殖をブロックするという手段。つまり、膣にダイレクトに働きかけるという手立てです。もう1つの手法は、あそこ以外の場所に働きかけて、アソコの悪臭を間接的にごまかすという手段です。

 

善玉菌を殺さないための留意点

悪臭の改善のためにと、あそこを念入りに洗う女性がたくさんいます。その方向性自体は正しいですが、その手段を誤ると逆効果になってしまいます。一例として、膣の中の善玉菌を殺してしまうと、臭いが強まる可能性が高いです。なぜなら、善玉菌は悪臭の起因菌の繁殖をブロックする菌だからです。

 

洗浄効果が高い石鹸は避けましょう

善玉菌は洗浄効果が高い石鹸を用いてしまうと、流れやすくなります。場所が場所ですし、悪臭が気になって強力な石鹸を使いがちですが、それは止めておきましょう。とにかく、可能な限り膣の中のペーハー値に近い弱酸性の石鹸を用いましょう。なおかつ、低刺激のタイプを選ぶことも重要です。そして石鹸のみならず、美容液選びに関しても同等の留意が必須という事は言うまでもありません。

 

熱いお湯ですすがないように!

細菌・菌類は熱に弱いです。「上記のように抗菌力の強い石鹸を避けるのだから、せめてすすぐお湯は熱くしたい」と考えるのは当然の流れだと思います。

 

実際、熱いお湯で流せば、悪臭の起因菌そのものは効果的に殺せるかもしれません。ですが100%殺せるはずは、もちろんありません。悪臭の起因菌を残しつつ、必要な善玉菌を殺してしまうの関の山です。そうなれば、少しの悪臭の起因菌が、また喜々として繁殖する事になってしまいます。そしてそれをブロックするための善玉菌は、当然足りません。

 

最終的に膣の中の菌類・細菌類の調和が崩壊し、また悪臭で苦しむ事になるはずです。

 

香水でごまかす際は

香水でごまかすという手段もあるにはあります。考え方は、汗をごまかす場合と同様です。しかし脇と一緒で、あそこにダイレクトに香水を吹き付けるのはリスクが高いです。香水と脇の汗の臭いがミックスされた場合と同様で、香水とあそこの臭いが混ざって、むしろ臭いが強烈になるケースもあります。

 

ですから、香水でごまかすにしても、首筋、耳の裏、手首など、あそこと関わりの無い場所に吹き付けましょう。とにかくあそこの悪臭とミックスさせない事が大切です。

 

「香水でごまかすのあれば、用いる場所に気を付ける」これが鉄則です。

関連ページ

石鹸やビデを使った洗浄には注意が必要
あそこの臭いは洗ってもなかなか改善しません。そんなあそこの臭いを消すための方法をお伝えします。また人気と効果の高いおすすめグッズをランキングでお伝えします。
かゆみからくるアソコのニオイとその対策
あそこの臭いは洗ってもなかなか改善しません。そんなあそこの臭いを消すための方法をお伝えします。また人気と効果の高いおすすめグッズをランキングでお伝えします。