あそこの黒ずみの起因

デリケートゾーンの黒ずみのケア方法を誤るとかえって悪化する可能性があります。まずは落ち着いて黒ずみの要因を把握し、危険を回避しながら効果的に改善しましょう。

 

黒ずみの起因は誤解されやすい

黒ずみの要因は、大よそ判明しています。ですが、妙な勘違いをされる方がかなりいます。それは「性交をし過ぎていると黒ずみやすい」というものです。最初に述べますが、性交の頻度や回数とあそこの黒ずみは全くの無関係です。(ただし、あまりにも異常な方法での性交に関しては断言できません)ですから、黒ずんでいるからと言って、性交の事を心配する必要はほぼありません。

 

さて、黒ずみに関する誤解が解消されたところで、次は黒ずみの「本当の」起因に迫ります。

 

デリケートゾーンの黒ずみの本当の起因は?

黒ずみの起因は主に2つあります。

 

起因1 パンツなどの摩擦

あそこは「パンツなどで保護されている」という考え方ができます。しかし、常時あそこに触れている分、パンツは摩擦の要因になりやすいとも言えます。ですから、窮屈なジーンズや科学系繊維のパンツを避けると、黒ずみを防止する事ができるかもしれません。

 

起因2 多種多様な起因によるメラニン色素の沈着

まず前提として、皮膚の黒ずみもあそこの黒ずみも、メラニン色素が起因です。メラニン色素の沈着の起因としては、ホルモンバランスの崩壊や老化などがあります。老化すると大抵皮膚のシミが増えますが、メラニン色素の沈着が起因となっている場合が大半です。同様に、あそこの黒ずみについても、老化は無視できない要素です。

 

さらにホルモンバランスが崩壊すると、メラニンが沈着しやすくなります。体調が乱れたり生理期間に入ったりすると、ホルモンバランスが乱れやすくなるので、体調を整える事を含めて、様々な角度から黒ずみ対策を行いましょう。

 

デリケートゾーンも美白できる

方今は「美容皮膚科」が設置されたクリニックが、女性に重宝されています。このようなクリニックに行けば、特別なクリームを出してくれます。そしてそれを使えば、メラニン色素の沈着を防ぎ、黒ずみを解消できるかもしれません。ちなみにクリームの主な含有成分は「レチノイン」や「ハイドロキノン」などです。

 

さらに、ニキビ跡のリカバーなどで有名な「ピーリング」によってあそこの黒ずみを改善できる可能性もあります。

 

また、非常に大掛かりな「小陰唇に関する施術」を行うという手段もあります。この施術は普通1度で完了しますので、あそこの黒ずみを必ず何とかしたいのであれば、実は得るものが大きい手法であると言えます。

 

技術が進化していますから、どの「範囲」を、どの「レベル」でケアしたいのかによって、黒ずみの美白手段を選択可能なのです。

関連ページ

デリケートゾーンはなぜかゆくなる?起因と対策
あそこの臭いは洗ってもなかなか改善しません。そんなあそこの臭いを消すための方法をお伝えします。また人気と効果の高いおすすめグッズをランキングでお伝えします。
痛みとニオイが伴うデリケートゾーンのトラブルとは?
あそこの臭いは洗ってもなかなか改善しません。そんなあそこの臭いを消すための方法をお伝えします。また人気と効果の高いおすすめグッズをランキングでお伝えします。
重曹によるアソコのケアの有効性・危険性
あそこの臭いは洗ってもなかなか改善しません。そんなあそこの臭いを消すための方法をお伝えします。また人気と効果の高いおすすめグッズをランキングでお伝えします。