デリケートゾーンはなぜかゆくなる?起因と対策

かゆみはあそこの悩みの中でもかなり重大なものです。自分以外の人間がいる際に掻くわけにはいかないからです。かゆみの要因は様々にあるので、要因別に対応しましょう。

 

あそこのかゆみの起因

女性のあそこは蒸れやすく、蒸れはかゆみの起因となります。そして、パンツ、おりものシート、ナプキンなどが要因でかぶれて、そこがかゆくなる場合もあります。ただ、起因はそれだけではありませんし、むしろそちらの方が重要なケースもあります。

 

起因1 おりもの等の分泌液が原因の雑菌や汚れによる炎症

女性のあそこは、汗やおりものなどの分泌液がたくさんある場所です。そして繰り返しになりますが、蒸れやすいので、脇同様に清潔が保ちづらく、雑菌が繁殖しやすい箇所なのです。その雑菌が起因となり皮膚に軽い炎症が生じると、それがかゆみを引き起こします。そしてそのまま放っておけば、かゆみを通り越して激痛が付随する皮膚疾患を起こす可能性もあります。ですから、早急に対処しましょう。

 

起因2 体調不全、アレルギー、敏感肌等

あそこは分泌液があるので、何となく潤っているように思えるかもしれません。しかし、角質層が他の場所より薄い部位ですから、細胞単位で見ればむしろ潤いが足りなくなりがちな場所なのです。ですから、皮膚が弱い方は、あそこもかゆくなりがちです。

 

そして、アレルギー気質の方があそこのケアをすると、美容液や石鹸によって、アレルギーが生じてかゆみに繋がる場合もあります。また、体調不全や生理などが起因でホルモンバランスがおかしくなる時期にも、あそこがかゆくなりがちです。

 

あそこのかゆみへの適切な対処は?

雑菌の繁殖や汚れ等、女性のあそこに起こりがちな起因によってかゆくなる事が多いです。とにかくまずは、綺麗な状態をキープしましょう。おりものシートやナプキンを頻繁に換える、化学繊維系統のパンツは履かない、などの工夫をして下さい。

 

特別なウイルスや細菌が原因でかゆい場合は?

雑菌の内でも、特にかゆみが強烈になるのがカンジタ菌によるものです。この場合は、婦人科や性病科で診てもらう事を考えるべきです。カンジタ菌は性交が起因となって、男性に伝染する場合があるので、1人だけの問題だと考えるのは相応しくありません。

 

他にもあそこのかゆみの起因としては、尖圭コンジロームやトリコモナス膣炎等の感染症、ブドウ球菌が原因の感染性外陰炎などが代表的です。これらに掛かったら、可能な限り医療機関にて完全に治しましょう。放っておくと症状が酷くなったり他者に伝染する場合があり、危険ですから、かゆみが酷いのであれば、医師に頼る事が必須です。

 

感染症でない起因によるかゆみへの対処

肌が弱い方のかゆみには、保湿力に秀でたワセリンや、やや油分の多い専用クリームを塗布すると功を奏するケースがあります。そして、体調不全や生理によりかゆみが生じているのであれば、ホルモンバランスを安定させる事が先決です。このような時は、食生活を見直し、よく眠って、リズムが一定の日々を送るようにしましょう。

 

最後になりますが、かゆみが強い場合は、耐えずに医療機関に頼る事が一番です。あなただけの問題ではなくなるという事を忘れないようにして下さい。

関連ページ

あそこの黒ずみの起因
あそこの臭いは洗ってもなかなか改善しません。そんなあそこの臭いを消すための方法をお伝えします。また人気と効果の高いおすすめグッズをランキングでお伝えします。
痛みとニオイが伴うデリケートゾーンのトラブルとは?
あそこの臭いは洗ってもなかなか改善しません。そんなあそこの臭いを消すための方法をお伝えします。また人気と効果の高いおすすめグッズをランキングでお伝えします。
重曹によるアソコのケアの有効性・危険性
あそこの臭いは洗ってもなかなか改善しません。そんなあそこの臭いを消すための方法をお伝えします。また人気と効果の高いおすすめグッズをランキングでお伝えします。