重曹によるアソコのケアの有効性・危険性

最近「重曹」への注目度が高まってきています。実際に、山菜の「アク取り」や掃除などに用いた事がある方もいるかもしれませんね。さて、ここではあそこと重曹の関係性についてお伝えします。

 

正式名は「炭酸水素ナトリウム」

学生の頃習った方もたくさんいるでしょうが、「炭酸水素ナトリウム」というのが重曹の正式名です。かなり幅広い使い方ができる物質です。重曹で頑固な油汚れを解決したことがある方もいるのでしょうはないでしょうか。そして「ふくらし粉」のように料理に用いる事もできますから、安全性もそれなりに高いと言えます。ですから、何となく重曹であそこの汚れを落とせるような気もします。

 

ですが、想像だけで実行するのはリスクがありますから、まずは重曹の特徴を確実に把握して下さい。

 

重曹の特徴

重曹には油を浮かせる効果があり、だからこそ頑固な油汚れを落とす事が可能なのです。そして、排水パイプの消臭、さらには茶渋落としにまで役立ちます。ですから、やはりあそこの汚れ落としにも有効なように思えます。

 

しかし重曹そのものは、水に溶解させると弱アルカリ性になります。一方、膣の中は通常弱酸性ですから、重曹は相性が悪いような気がしてきます。実際、膣洗浄用液や、あそこ専用の石鹸は弱酸性のものが大半です。

 

やはり重曹は危険なのでしょうか?以下でさらに解説していきます。

 

あそこに重曹を使うのは良くも悪くもあります!

結局、あそこに重曹を用いるという事には、良い面も悪い面もあります。まず悪い面ですが、重曹(弱アルカリ性)をあそこ(弱酸性)に用いると、ダメージが大きくなる可能性があり、臭いを悪化させてしまう可能性が高くなります。ですが、良い面もあるわけです。その事に関しても解説していきます。

 

重曹にはあそこの黒ずみを軽減する作用がある

あそこの黒ずみの起因は、メラニンの沈着にあります。ですが、そもそもあそこ周辺の皮膚のターンオーバーが安定していれば、黒ずみは非常に生じにくいはずなのです。ターンオーバーが乱れているからこそ、肌が角質化し、黒ずんでしまうケースが増えてしまうのです。ですから、あえて皮膚にマッチしない重曹で、やや強引にでも、その角質を取り除く事が有効になってくるのです。

 

ですから「臭いの問題はほぼ感じていない」そして「皮膚が強い」さらに「黒ずみを解消したい」という条件を満たしているのであれば、重曹を使用する価値はかなり大きいと言えるでしょう。ですが、安全性がそれなりに高いとはいえ、重曹が化学物質であることに違いはないので、慎重に使用して下さい。

関連ページ

あそこの黒ずみの起因
あそこの臭いは洗ってもなかなか改善しません。そんなあそこの臭いを消すための方法をお伝えします。また人気と効果の高いおすすめグッズをランキングでお伝えします。
デリケートゾーンはなぜかゆくなる?起因と対策
あそこの臭いは洗ってもなかなか改善しません。そんなあそこの臭いを消すための方法をお伝えします。また人気と効果の高いおすすめグッズをランキングでお伝えします。
痛みとニオイが伴うデリケートゾーンのトラブルとは?
あそこの臭いは洗ってもなかなか改善しません。そんなあそこの臭いを消すための方法をお伝えします。また人気と効果の高いおすすめグッズをランキングでお伝えします。